中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国での医者と患者の関係

FrontPage

中国での医者と患者の関係

中国では、医者は先ず金を受け取って、それから治療です。

この傾向は病院で強く、街のクリニックでは治療が終わってからの所も
みられます。

そして、病院によってはノルマが有る為に、手術をしなくても良いのに
手術をする事も有ります。

現在中国では、毎年250万人が癌に罹り亡くなっていますが
この数が増加しています。

原因は、大気汚染と水質汚染、食べ物が大きく影響していますが
医者の営利目的の癌宣言ではないかと勘繰る患者と自分は責任を
背負いたくない医者の間で両者相互不信が起こっています。

癌の治療は、数万元が掛かり治療をするのは大変で、家屋敷を売って
治療費の支払いに充てるのが庶民の懐事情ですから、誤診でしたで
住む話ではありません。

住む所が無くなった患者さんはどうやって生きて行けば良いのか
途方に暮れるのが普通です。

医者の誤診は、患者の一生を狂わせるのです。

それが、病院の営利の為となれば更に、不評を買う事になります。

こうなると、患者も暴力を医者に振るう事すら有り、益々関係は
不信に傾いていきます。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">