中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国、倒産ラッシュ開始か?

FrontPage

中国、倒産ラッシュ開始か?

先行き不透明の中の旧正月前、広東省広州市や東莞市及び浙江省温州市で
製造企業が相次いで倒産した。

東莞で100社が倒産したが、これから更に増える見込み。

景気の低迷が続くと、外資企業が中国からの撤退を加速させ、
今後大規模な倒産ラッシュが起こると予測する。

シチズンとマイクロソフトが工場を封鎖して従業員は解雇された。

この他現地企業は、携帯電話製造会社等の電子産業に倒産や封鎖が多く出ている。

浙江省温州市などでも、ライターや靴、眼鏡メーカーが多く倒産している。

自動車会社の撤退は、まだ1社のみだが今年の販売予想数量は2500万台に対し現地企業、海外企業を合わせると
5000万台の生産設備が国内に出来た為放っておけば、
現地の100社が全て倒産するので、外資系を監査して独禁法違反等で、追い出しにかかっている。

所が、現地企業では未だに、自動車を開発する事どころか設計さえ満足に出来づ外資が撤退すると、中国には自動車が無くなる恐れさえある。

外観だけは真似で出来るが中身は簡単に真似出来ない為に、今後どうするのだろう。

韓国程度の車なら、韓国は増産体制に入っているので中国に残るでしょうがその他は、撤退する可能性がある。

この30年真似だけで自身の頭を使わなかったつけが露出するでしょう。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">