中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

地方政府が投資拡大

FrontPage

中国地方政府が投資拡大

中国の地方政府は財政を不動産投資から得ているが、最近
(2011年後半)の不動産バブルの破裂ぎみな情勢から
財政が圧迫され、地方政府自身の為にも景気刺激策が
必要になってきている。

そこで総額20兆元の景気刺激策が発表になった。

今回の景気刺激策は中央の助けは無く地方政府のみで
景気刺激策を行わなければならない。

既に、地方政府は銀行から不動産開発に多大な借金を
しているので、はたして銀行が貸すかどうかは
不確定ですが、最後は中央政府の命令で貸さざるを得ない
でしょう。

そうなると、銀行の貸し倒れが増えて銀行が倒産します。

その為民間の投資を奨励して景気を上向かせようと
しているが民間は景気の先行きが不透明な為、
成功するかは不確定です。

現在の中国では、不動産関係は特に冷え込んでいて、人々は
投資に対しては消極的になっています。

むしろ、海外に資本を逃避させて中国の社会変革に
対処しようとする傾向が強くなっています。

そのような情勢で、不動産投資しても
地方政府は大丈夫なのでしょうか?

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">