中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

地方債発行

FrontPage

地方債発行

今まで地方債の発行は禁止されていたが、一部の省と市で
地方債発行が自己責任で許可になった。

実施は7月からになる模様。

この地方債発行
北京市、上海市、深セン市、浙江省、江蘇省、山東省、広東省など
10の省と市となっている。

債権はトータルで4000億元(約6兆5000億円)。
その内訳は、4割は5年債、7年債と10年債はそれぞれ3割
となっているが、土地ころがしをしないで済むので地方政府には
朗報と言える。

同時に、土地強制収用も建前上は減るので暴動も減るかもしれません。

共産党組織は、GDPの数字が地方の政府の成績となり出世できる制度でしたが
この制度が無くなり、暴動発生等、公害が新たに加わりましたがこれは判定が
難しく、賄賂の上納だけが残っているのでしょう。

そうなると、地方ボスの住民虐待はとどまる事は難しそうです。

その為に、暴動は減る見込みは皆無の様で残念です。

建前上は、公債発行で地方財政を運用できれば地方政府の役人の給料は
確保されますが、給料で生活する役人は最下層以外居ないので賄賂は常に
存在するでしょう。

汚職撲滅は掛け声だけと庶民が考えているのは当たっています。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">