中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

多くの食品安全問題

FrontPage

多くの食品安全問題

中国は現在、世界第2位の経済大国ですが、多くの食品安全問題が最近、
次から次と出現しと後を絶ちません。

国民の生存に関わるこの問題は、中国の社会制度と関係するのでしょうか?

最近、温家宝総理は食品安全の問題について多くを指摘しています。

温総理はこうして良いイメージを作ろうとしていますが、
口先だけで行動が伴っておらず、私にとっては意味のないことです。

今の中国は、違法な行動にでても、コストがとても低いため、
取締りや懲罰を強化しても問題解決にはならないのです。
政府官僚が腐敗しているので、取締りを強化すればするほど、
悪徳企業と政府間の癒着が強くなるだけなのです。

確かに(温総理は)偽タバコ、偽酒、偽食糧の問題に多く触れました。
しかし偽薬、偽医者なども多く存在しているのに、
どうしてこれらの問題には全く言及しなかったのでしょうか。

また、(中国共産党政権が唱えている)人民民主も偽りの民主主義です。
中国最大の偽物、共産党政権自体について、
なぜ全く触れようとしなかったのか。

中国の一部のメディアは、食品問題について2つの原因をあげています。

1つは販売企業に道徳水準がなく、利益最優先主義に走っていること。

もう1つは、政府の監督管理部門における不明瞭な責任所在。

これら全てが制度の不健全結論付けられます。

明の時代では、厳しい食品と薬品の監督管理はありませんでしたが、
社会全体が誠実と信用を求めていました。
その為に現在の様な状態にはなりませんでした。

検査法規、衛生、品質検査、食品、医薬品の監督管理などに
管理機構を敷いて中央から管理しようとしていますが中国の
管理機構は昔から地方の分権が強く、勝手に管理して
腐敗するのが通常です。

その為、食品の品質を管理する事はとても無理な事でしょう。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">