中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

世界中どこでも嫌われる中国人

FrontPage

地球上どこでも嫌われる中国人

海外の中国人は、家では中国語を使い生活している。

そして、中国の昔の習慣を頑なに守っている。

既に、本国では見られなくなった習慣も海外では現在も
使われている。

例えば
蠅が多数止まっている食べ物でも、平気で食べているので
蠅を不衛生とは考えていない。(現在の中国では不衛生だと感じている
人も多い)
特に農村出身なら、蠅は身内の様なもの。

その為、商売でも全く意識せずに、1面蠅のついた食べ物を
平気で売っている。

外国では、それでは何処の国(タイを除く)でも中国人の
売る食べ物は、食べる気がしなくなる。

問題は、その点を全く変えようとしない事にある。

大中華思想を不衛生な事に使用したのでは、他国では
嫌われるのではないでしょうか。

それを他国で、押しつけようとしてもその国の人には
その国の習慣がある筈なのに、あえて中国のあまり誉められない
習慣を押しつける所に、嫌われる原因があるのではないでしょうか。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">