中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

世界最大のレアメタル市場債務不履行か

FrontPage

世界最大のレアメタル市場債務不履行か

昆民のレアメタル取引所は2011年に開設されたが、政府の後押しでわずか4年で世界最大のレアメタル取引所となった。

この取引所で、上海株価暴落により債務不履行でレアメタルに投資していた投資案件がほとんどデフォルトになると言ううわさが広がっている。

現在、同取引所は7月13日から8月末まで、取引の一部を停止してるので、デフォルトにはなっていないが当然投資した資金は凍結される事になり、困った投資家達が保証を求めているが相手にされていなく、警官に抗議者が排除されている。

ここでもバブルが弾けたようです。

債権者達は、国営放送で宣伝されていたので国が関係していると考え政府に救済を求めているが、政府では保証はしていないと相手にしていない。

ここでも、被害者になるのは庶民ばかりで、政府の役人や共産党幹部などはとっくに売り抜けて財産は安全です。

レアメタルの債務不履行は、共産党が日本の海上保安庁の巡視船にぶつけた尖閣諸島問題で、日本にレアメタルを出荷停止したのが原因で、その後
日本はレアメタルを中国から買わなくても工業生産できる様に、改革して中国のレアメタル市場が崩壊した結果であるから

当然レアメタル市場がデフォルトしたのは共産党政府が原因です。

にも拘わらず、政府が責任を取らないのは、日本に向かって戦争責任等言えたものではありません。

現在の共産党政府は、如何にして庶民から財産を巻き上げるか苦心している所でこれが終われば中国は、破産するでしょう。

海外逃亡した旧共産党員を捕まえて、外貨を取り戻すのも同時に行っている様です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">