中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

水道設備

FrontPage

水道設備

中国の水道は圧が日本に比べて高くない。

その為、中層階のビルでは水の出が悪くなり、昼間は
ほとんど出なくなる所も多いようです。

その代わり、日本の水道の様に厚い塩ビ管は必要なく
薄い排水用管で全てが賄われています。

困るのは、シャワーが水圧感知で点火されるので、温水が
出ない事でしょうか。

最近では、どこのアパートも屋上にタンクを設置して
この問題を解決していますが、それには1階にタンクを
設置して、ポンプで屋上のタンクに移すのが、日本では
常識ですが、中国では1階のタンクは殆ど見かけません。

その他日本と違う所で
面白いのは、日本でPVC-Uと表示されるのは下水管専用を
意味するパイプなのですが、中国ではその隣に飲用と書かれて
上水用に使われていることです。

排水配管

中国の建物の排水管は殆どが建物の中に設置されている。

建物はトイレの位置は上から下まで同じ位置に在り
トイレの中に縦管が通ていて上の階で用をたすと縦管を
伝って落ちる音が聞こえます。

この管は薄いので、破れないか心配になるくらいです。

これで、10年経てば、日本では配管の取り替えが
必要になるのに、中国ではどうして交換するのか
頭を捻ります。

配管が詰まったりして住め無くなるのが目に見えているのに
未だに変わる気配が有りません。

おそらく、10年で建て替えるのでしょう。

中国の住宅は寿命が10年と見た方が良いようです。

そうすると、住宅の価格は日本の住宅の倍以上になりますね。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">