中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

水の汚染と癌の関係

FrontPage

水の汚染と癌の関係

中国で、いたる所で発生している癌村の分析を急いでいた
がこのほど結果を発表した。

この調査によると、汚染された水の流れる村と汚染されていない水が
流れる村の癌発生率を比較して、汚染された水が流れる川の近くの村は
5倍の癌発生率であった。

サンプルには、喫煙状態も同じ様に合わせて位差が生じないように
した結果です。

この結果に依り、水の汚染と癌発生には相関関係が有ると
調査機関が報告しています。

中国では、人間の住める所が日に日に狭められているようです。

また、大都会では肺がんの発生が増えています。

北京では肺がんで死ぬ人が10年間で2倍になっている。

政府の発表では、喫煙による癌患者の増加と発表しているが
喫煙人口は15%減っているのにどうして原因が喫煙なのか
理解できません。

中国人達も理解出来ない様で、ミニブログには非難の
投書と、反論が載っています。

共産党政府は、常に嘘を発表する機関ですね。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">