中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

新政権の外資たたき

FrontPage

新政権の外資たたき

習近平政権になって、外国企業がたたかれている。

英国のグラクソスミスクラインが政府や大学にわいろを贈った
として調べられ、次がダノンやネスレが粉ミルクを高値で販売していたと
非難され、スターバックスやサムスン等もマスコミに非難されている。

この為に、外資は投資拡大をここえ来て凍結する外資企業が半数に
上っている。

メイシーズ、ウォールマート等は店舗の縮小や新規事業を
凍結したようです。
これでは、中国の景気はますます冷え込む事になるでしょう。

シャドーバンキングは、焦げ付きが発生し始めています。

工商銀行、建設銀行系の2度のデフォルトでは政府が救済したようですが
次の6社のノンバンクの融資の焦げ付きはどうなるのでしょうか。

石炭会社に融資した6社のノンバンクが倒産すると、パニックが
始まり、全てのシャドーバンクがつぶれる事になり、中小企業の
運転資金の供給が止まります。

そうなると、個人企業の多くが無くなる恐れが出て来ます。

中国も個人企業が、国の経済を支えているので国の経済は
大混乱になる事が予想されます。

失業者も路上にあふれることになるのでしょう。

そうなれば、外国人は国外に出なければならなくなります。

カスタム検索
#html{{

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">