中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

新傾向の店

FrontPage

新傾向の店

長安には、日本製品の店と言うのが出来ました。

日本の会社が生産した、飲料、菓子の店で、生産は中国ですが
製造会社は全て日本の企業です。

始めてから、半年以上経っているので、中国人にも買われて
いるようです。

中国で食の安全が言われているので、この店で買うのなら
食の安全が保たれると感じているようです。

値段は、中国系企業の製品より割高ですが、安全のコストを
考えれば安い事かも知れません。

中国では、現在加工食物は殆ど問題をはらんでいて、
テレビ、インターネットのニュースでは、体に良くないか
毒に成る製品が平気で出回っています。

特に内陸部は、収入が少ない分低価格にしなければ売れないので
企業努力ではなく、仕入れ素材の低価格化がなされ
その為には、どんなものでもかまわないという発想で
加工食物が生産されています。

日本の品質を維持する発想が中国製品との格差をつけ
安全を購買者が理解してきているようです。

人々に害を与える食べ物で金儲けをしても、自分の食べ物で
体を壊す事が理解できないのが、現在の中国でしょう。

早く気が付いてくれると、良いのですが。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">