中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

新たなゴーストタウン(鬼城)の建設

FrontPage

新たなゴーストタウン(鬼城)の建設

中共政府は、経済失速の為高速鉄道を作り続けているが、この高速鉄道の停車駅周辺の都市化を計画して70か所以上の都市計画が出されたり、既に開発、建設が進んでいる。

所が、高速鉄道の新駅は都市部から数キロ、数十キロ離れていて不便な上、交通手段も不便な為、住む人は殆ど無く日用雑貨や食料品も手に入り難い為無人の街(鬼城)が多数出現する恐れがある。

それでもGDPを上げる為に高速鉄道を作り続けなければならないようです。

中国は、全て右へ倣えで何処でも全く同じ事をする国なので救われません。

後に残るのは、莫大な鉄道建設のコストと、鉄道下請け企業の負債、すでに中国では、下請け企業がこれまでの建設代金を貰っていない多くの焦げ付きが存在していて、更その不払い代金を増やそうとしているので、無理は当然下請け企業にも及んでいます。

それにも拘らず、鉄道敷設工事を進める理由は、鉄道を作り続けないと中国の経済は、成り立たないからでしょう。

ただ単にGDPを稼ぐ為に、鉄道を作り続けるそして住宅を作り続ける経済以外に中国の生き残り策は、見いだせないのでしょう。

当然、出来た高速鉄道は、採算に合わず借金は雪だるま式に増います。

それでも止められないのは後は野となれ山となれ、自分達は海外に逃亡して
悠々自適な生活を出来る用意万端が整っている為でもあります。

何とも嫌らしい人間達ですね。

この嫌らしい人間達が共産主義の真実でもあるようです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">