中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

食習慣と癌

FrontPage

食習慣と癌

中国では若い人に癌患者が増えているが
癌に罹り易い食習慣をシンガポール在線が伝えている。

それによると、
1.常に熱いお茶を好む
2.肉に比べて野菜や果物をあまり取らない
3.大便を我慢する
4.夜眠らない
5.長時間座り、動かない
6.小さなことに首を突っ込んで、いらぬ苦労をする
7.性交渉の時にコンドームを使わない
8.いったん吸い終わった煙草をまた吸う
9.豪華すぎる室内装飾(建材には発がん物質のあるものも)
10.家族にがん患者がいる

の10項目で、全て納得出来る事項です。

中国の癌患者が増えているのは、人体に有害な環境と
食物、水、空気に生活習慣と全てが、揃い過ぎています。

これでは、癌になるのが正常でならないのは異常と
思える位、環境悪化が進んでいるのに、政府は施策を
取るのが遅すぎる傾向が有ります。

尤も、自分達が安全なら、人民が癌になろうがお構いなしの
国ですから、施策が遅れる事は問題にはなりません。

それでも、近年の人民の暴動は年に18万件に
急増していますから、治安維持の予算が国防予算より多い
のには頭が痛い事です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">