中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

食事、家庭料理2

FrontPage

中国人の食感覚

中国人は、冷たい食べ物を好まない。

例えば、真夏のうだるような時期でも

ビールを飲む時は生ぬるいビールを好んでの飲む。

これは、漢方の見方では正解だが生ぬるいビールは

気の抜けたビールと同じで飲めたものではない。

子供を見ていて、きずいたのは彼らは、冷えた食べ物は

口にしても吐いてしまう。

この習慣が生ぬるいビールに繋がっているのでは

ないだろうか?

中国では、冷めた食べ物は口にしない事が健康を

保つ方法なのかもしれません。

中国の食卓

中国の家庭料理は、油を多用する。

野菜料理は主に炒めるので、油を使用し肉も油で炒めたり、焼いたりに

油を使用するので、全ての食物が油づけの状態です。

外食と違い、油そのものは吟味して安全な油を使っても、油の多用は

体に良いとは言えません。

食事は、庶民派より王侯貴族派の方が中国では、安心なようです。

家庭に招待された時の食事は、日本なら食べられないなら手を付けるな と

注意されますが、中国では出された食事は全て手を付けなければ失礼になります。

どうしても、食べられない物は、食べられないと言葉で言ってからなら大丈夫です。

満腹になったら、ごはんも途中で止めても失礼ではありません。

綺麗に食べ終わると、もう1杯と勘違いされます。

どうですか?日本の習慣とだいぶ違いますでしょう。

中国の惣菜

中国には、日本に有る物は大体有る。

サンマ、ししゃもは中国にも有るが、なぜか油が足りない。

ししゃもなどは、たまごが無くおなかがぺしゃんとした

まるで、煮干しのおおきいのみたいです。

味は、確かにししゃもですが、乾燥したししゃもの様な

感じで、美味しくはありません。

いかは、味が薄い感じで、やはり日本のほうが旨いです。

ただし、値段はどれも10分の1なので、我慢して食べられる

範疇でしょう。

日本が高くなり過ぎたのか、

将来が心配になる、食卓観察でした。

					

中国の食事

中国の地方では、一般的に食事は、野菜の炒めとせいぜい川魚が付けば

良い方で、野菜だけのおかずで米を食べます。

ですから、都会でも地方から来た人はおかずに野菜をたのみ、白米を

食べて、食事を終わります。

日本人が食べる 中華料理 は何か記念日でもない限り食べないようです。

最も金持ちは、どうしているかわかりませんが。

よく言われる、中国人は4つ足は机と椅子以外は全て食べる と言うのは

広東省の人間の事を指しています。

それ以外の人は、あまり悪食はしないようです。(金持ちは除く)

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">