中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

初乗りをぼったくり

FrontPage

初乗りをぼったくり

中国では、儲けのチャンスは絶対に、逃がさない事が常識です。

天津の化学薬品爆発事故で、負傷した人や病院に行く人にタクシーが初乗りを100元にぼったくって居た事が分かった。

この運転手は、罪を認め営業停止処分になったが、中国では人の困った時はぼろ儲けのチャンスとばかりに、必ず現れるぼったくりです。

都会では、初乗りは大都会で数元で、中小都市では10元くらい、農村や地方の小さな都市では、20数元くらいが普通です。

その他、洪水や天変地異で多くの人々が食料や水に困ると、商店は商品を値上げして、ぼろ儲けをするのが珍しくありません。

人の弱みに付け込む事を当たり前と考えるのが中国人です。

勿論、ごく少数の困った時は助け合いも無い訳では有りません事は
報告させていただきます。

自分さえ良ければ、後は野となれが常識の中国ですから、ぼったくりは常に存在する世界です。

人を助ける事は、自分にやがて帰ってくる等と言う考えは全くありません。

これが、一般的な中国人の姿です。

人助けが起こると、ニュースになりテレビ報道が起こるくらい少ない珍しい事になります。

この性質は、99%の中国人の共通項です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">