中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

重金属汚染の原因

FrontPage

重金属汚染の原因

中国のどんな街の郊外でも見かけるのが廃品回収業です。

特に広東省では、電子部品の回収業も多くこちらは、日本等から
電子機器の廃棄品から電子部品を回収するのを、町工場の様な
小さな工場でやっています。

これ等の、小さな町工場で回収されなかった電子部品付き基盤が
河川敷きや空き地に無造作に捨てられ、重金属汚染の原因になっています。

アメリカ、英国等も電子機器廃棄品を中国に輸出しているので
中国は電子機器の捨て場になっています。

どうして、中国は電子機器の廃棄品を輸入するかと言えば
電子機器の部品を安価で得られるからで、安価で得られた電子部品で
安価な電気製品を生産出来き、世界に出荷している訳です。

中国製品が安く作れるのは、ゴミ同然の電子部品を使用して
組み立てられている為で、新しい部品で組み立てられれば、現在の
5−10倍の値段になるでしょう。

この10年こうして、経済を成長させてきたつけが現在、環境汚染
として表れてきた訳です。

そして、環境汚染を防ごうとすると地場産業の首を絞める事にもなり
経済は一挙に墜落します。

おそらく、生き残れるのは国有企業だけでしょう。

こうなると、現在でさえ全国で暴動が起きている中で
失業した人々が全国で暴動を起こしかねないのが現実でしょう。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">