中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

収穫減らさずに土壌改良

FrontPage

収穫減らさずに土壌改良

中国の重金属汚染耕地の一つ湖南省で、政府はコメの収穫を減らさずに
重金属汚染米の汚染を減らす実験を始めた。

現在、中国は重金属汚染で、汚染米を食料に出来ないと
コメを輸入しなければ国民は、飢えてしまう。

その為、重金属汚染耕地でも重金属の汚染を減らすコメを品種改良で
育成する実験を開始した。

重金属のフィルターを持つ稲を開発すれば確かに汚染耕地でも
安全なコメが出来るのですが、これこそ正に中国オリジナルに
なるでしょう。

所が、猿まねとパクリだけで生きて来た中国で、果たして品種改良とか地味な
研究が共産党下で出来るのかは懐疑的です。

ここにも、共産党の限界が出てきています。

まず、品種改良の科学の言葉が全て日本からパクった言葉で中国語ではありませんし
改良の過程で使う言葉も方法も日本語以外にはありません。

それに基礎技術が無くてどうして改良できるのでしょうか?

例によって、中国の夢 できりありません。

ただここで注意しておきたいことは、汚染米はせんべい等の加工食品や、糊の材料として
使われ続ける事で、日本にも出荷される事です。

既に日本に入っていて皆さん口にしているかもしれません。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">