中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

事故死したパートナーに寄り添う犬

FrontPage

事故死したパートナーに寄り添う犬

中国福建省で、交通事故で死んだパートナーに6時間寄り添った
犬が話題になっている。

中国では、ドライバーは殆どダロー運転が普通で、その為交通事故は
多く、轢かれる人間や動物が至る所で見られる。

福建省で轢かれて死んだ犬は、メス犬でオス犬は目を覚まさせようと
する様に、押したり引っかいたりして、交通量の多い道路の真ん中で
死んだメス犬に寄り添っていた。

犬でさえ情愛を表すのに、人間は轢かれても見ぬふりをして
通り過ぎる中国はいったいどうなっているのだろう?

それと、中国のドライバーには、横切るだろうで減速しない
だろう運転を止めさせないと、これから交通事故が天文学的に
増える恐れが有るだろう。

それとも、中国は人口が多過ぎるので交通事故で中国人同士の
間引き効果を期待しているのだろうか?

アジアの急速な発展の結果、自動車が増えていますが
自動車を安全に運転する事が追い付いていない状態が
現在のアジアの姿です。

中国では、車が優先の世界では、歩行者優先も期待できない
現状を考えると、余程注意しないと交通事故で死亡となりかねません。

それでなくても、中国で道路の横断は左右を確かめて(一方通行でも)
車が見えない時のみ渡るのでないと、危ないです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">