中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

子供の好むアニメ日本製が6割

FrontPage

子供の好むアニメ日本製が6割

中国の家庭収入の3割が子供関連の消費に費やされている。

中国の都市では、子供が北京市で168万人いて、毎年の新生児は20万人に
達すると、北京市文化芸術委員会委員の提出した「首都における児童向け
文化クリエイティブ産業についてのいくつかの思考」で報じられた。

所が、中国では子供達の心をつかむ魅力に欠けている商品や関連商品が多く
充実していない。

現在の段階は、依然として規模拡大の初歩段階にある。

その為に、日本製のアニメが6割のシェア、欧米が29%を占めている。

小学校でも子供達の話題は、中間層以上ではアニメになり、中国でアニメオタクが
増加の一途辿っている。

2015年に入り、インターネットのアニメが規制の対象になりましたが
暴力行為や性描写の多い物に限られている様です。

全ての日本製アニメを禁止したら、家族からも反旗を翻されて共産党が
崩壊の危機に陥ります。

それほど、日本製アニメは中国で影響が大きくなっています。

小学校で反日を教えて、家に帰ればアニメを見て親日になる中国の庶民は
どこに落ち着くのでしょうか?

日本もアニメで戦後の正しい歴史を発信する時期かもしれません。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">