中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

三峡ダムの安全保障

FrontPage

三峡ダムの安全保障

最近の中国は国民の不満が蓄積して、爆弾を使う抗議が頻発している。

もし、政府に不満のある人が三峡ダムを爆発すると、数十キロの
爆弾で、ダムが決壊する恐れがあり、ダム下流の千五百万人が
命を失う事になる。

それでなくとも、ダムにひび割れ等が見つかっているので
政府は4600人の軍隊を三峡ダムに駐屯させてダムの安全を
確保する事に決め実行に移した。

内容は、地対空ミサイル4発、陸軍ヘリコプター大隊1隊、
高速哨戒艇8隻、機動中隊24隊がその編成で、陸、水上、空と
鉄壁の守りになっている。

中国軍の敵は正に中国民の様です。

最近の国民の直訴は、取り締まりと地方政府の検閲で、国民が
不公平に対して不満を訴える所が無くなりました。

その為に、不公平な裁判結果等で、中央へ訴える事も出来ず
諦めるか、自殺するか(爆弾自殺も含む)世間をあっと言わせる
事をしない限り、マスコミにも載せてもらえず不満だけが蓄積しています。

三峡ダムでさえ爆発される可能性は有ります。

その為の軍隊配備ですが、これでは軍事費が嵩んでしかたがないのでは
と感じます。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">