中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

最近の日系企業

FrontPage

最近の日系企業

最近(2011)の会社の募集広告は、何系の会社でも
かなりいいかげんになった。

募集しても途中で採用取りやめとか、決まってもだらだらと
引き延ばして、最後には不採用とか。

面接に掛かった費用さえ払わない会社が日系でも珍しくない様だ。

それも、名の知れたC会社でそうなのだから驚く。

これでは、やがて日本の会社も海外で信用されなくなるのは
時間の問題でしょう。

今まで日本の会社は、何処でも信用されてきたが、昨今の
状態を見ると日本の会社もアジアの会社と同じになってきている。

日本が海外で活躍するには、その国に長く住む日本人を
棄民でなく、財産にしなければ成らないはずなのに
どうも、日本の経営者は理解できないのでしょうか?

かくして、日本は太平洋に沈むのでしょうか?

その点、中国では華僑をうまく使って海外で飛躍する企業も
多く、やっぱり島国根性では海外で飛躍は無理なのでしょうか。

そうなると、若者達の未来と日本の未来は、暗い物になるのでしょう。

グローバル企業に成る為に会社の公用語を英語にするより
海外に根付いた人間をうまく使うほうが余程グローバル企業で
あるのに、それもやっぱり島国根性のなせる業なのでしょうか。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">