中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

最近の中国産業界

FrontPage

最近の中国産業界

最近(2011)の中国の会社は日本人技術者を中小企業でも
採用し始めている。

中国の企業が急激に品質を向上させるには、確かに良い方法ですが
採用する企業は、当然1年で仕事を終えてもらい、後は
自分達で、運営していく腹づもりでいるのは、当然でしょう。

日本人技術者が設計した機械を作り日本人が製造を管理し
品質まで見た物を海外に輸出している。

こうなると、製品の品質もそこそこで、価格が安いので
海外では、俄然競争力を増し市場を席巻するのもそれ程
困難ではなくなっています。

タイ等でも、この様な傾向にあり、日本の過剰な高付加価値より
製品としては使い勝手は良いようです。

日本に居て、若者の職を奪うより海外に出て日本を鍛え治す
事も、日本に貢献出来る一方法ではないでしょうか。

ただし、数年経つとどうしてか材料品質が落ちて、同じ品質を
保てないのはどうゆう事なのでしょうか?

多分、コスト削減と言って材質を変えてしまい、必要な部品の
品質が低下するので、製品の品質が落ちるようです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">