中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

最近の中国の生活

FrontPage

最近の中国の生活

最近(2012、3、)の東莞は以前に比べるとはっきり
活気が減っているように感じられます。

治安が悪化するほど酷くはないですが、それでも以前のような
活気は確実に無くなってきています。

個人経営の商店などは潰れても直ぐにその後の次の商売が
店の衣替え工事を始めるものでしたが最近は暫く閉じている
商店なども出始めてきました。

だいたい半年くらいで新規の店に衣替えのサイクルが
最近は早いものは3ヶ月くらいそれ以後は10か月くらい変わりません。

その分大家は、収入に響いているのでは?

レストランで食事をする事も、めっきり減っているのは
レストランのテーブルが1回転で終わる日が殆どです。

こうなると、利潤追求のために以前の様に量が沢山では経営できず
量がどんどん減って、一人1品ではとても腹一杯とはいかなくなりました。

新規開店のレストランもあまり見られなくなった今日この頃です。

確かに学校近辺の安価なレストランなどはまだ客の入りもそれほど
目立って減ってはいないのが救いです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">