中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

砂漠化進む中国

FrontPage

砂漠化進む中国

中国では1990年に5万本以上有った川が2011年には29000本に
減っている。

青海省では、青海湖がみるみる小さくなり、枯れ果てた。
これだけ見ても、中国の内陸部の水不足は、明白で対策を
講じるのが遅れている。

中国の地方政府の共産党は、その地方が工業化されて都市化されると
功績が認められて、中央に進出出来るので、どの地方でも
凄い勢いで工場誘致を行っているが、排水や廃棄、排気は
目を瞑って闇に葬っている。

当然工業化は水を大量に使い、内陸部の水事情を悪化させ
住民の飲料水にも事欠く状態で、毒水でも飲まざるを得ない。

これだけ見ても水資源が欠乏している事は、明瞭でこれから
益々発展するには水が絶対に欠かせないのに困難に直面している。

この原因は、環境破壊によりもたらされた事で、自然環境破壊
人心破壊の両面からの破壊の結果が今日の状態を表している。

習近平国家主席は、緊急応変チームを立ち上げたが、これは
ここ1−2年が中国共産党にとって正念場であるからでは
ないのだろうか?

中国の未来は、有るのだろうか?

日本を占領すれば、水問題は解決ですか?

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">