中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

今年もラマダンの断食禁止

FrontPage

今年もラマダンの断食禁止

中国では、今年も始まった断食が禁止された。

モスリムが、髭を生やしただけで5年の懲役になる中国ですから、断食をすれば、イスラム過激派と見られ弾圧されるのは予想されますが、新疆ウィグル自治区等、イスラム地域では弾圧は、弱まる事無く続いて酷いものです。

イスラム教の徹底的な弾圧は、かえってより一層の信仰を強固にする事が中国共産党には理解出来ないようです。

まあ、先の短い共産党なら あとは野となれ なのでしょう。

でも弾圧されるイスラム教徒にとっては堪りません。

こんな状態では、死んだほうが益しと考える信徒が増えているのも悲しい事です。

イスラム教では、断食は必ずやらなければならない決まり事で、断食をやらない時には、ほかの期間に実行しなければなりません。

妊婦などは、断食は危険なので子供が生まれてから断食をやっています。

それを国家権力で規制すると、イスラム教を離脱しろと言う事に他なりません。

これでは、モスリムは戦わざるをえなくなります。

信教の自由は、何物にも代えがたいのが大陸に住む人々です。

国は、当てにならず何時流浪の民になるか分からない人々は、信仰によって生きる糧を得ているとさえ言えるからです。

この点、島国で単一民族の人には想像できない事です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">