中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

今度はひよこを強盗

FrontPage

今度はひよこを強盗

中国の道路で、トラックが横転して積み荷が散乱すると周りに住む住民が強盗団に早変わりするのは、日常の光景です。

今までは、野菜、果物等の食べ物が多かったのですが今回は、家畜運搬のトラックが横転して、積み荷のひよこが散乱したために、近所の住民がひよこを強奪していきました。

これでは、今年の暮れにはトラックを停止させて、積み荷を強奪する村人達が出てきても不思議ではありません。

中国経済が断末魔になれば必然的に起こる事件でしょう。

確かに、食べ物などは放っておけば腐るものなどは、村人が出て片付けてくれるのも合理的だと感じる面がありますが、ひよこまで強奪はやり過ぎの感がします。

現在のシナ人が、ひよこを育ててニワトリにするとも思えませんし
そのまま焼き鳥にするには、手間のわりに肉が少ないのでそれも得策ではなくどの様にするつもりなのでしょう。

人が拾っているから自分も拾わないと損をすると感じているのでしょうか。

アジアの多くの国で見掛ける、事故にあった人の物を盗む行為はいつから始まったのでしょう。

タイ、インドネシアなどでは以前話題になっていましたが、この行為は中国だけの事ではないので、グローバル社会が始まってから貧富の差が大きくなりこの様な強盗行為がアジアに広がった様に感じられます。

何とも、不安な状況にある世界に住んでいると日本の安定した世界は正にユートピアの感が有るのは私だけではないようです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">