中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

国有企業負債総額1476兆円

FrontPage

国有企業負債総額1476兆円

中国財政部がこのほど発表した統計によると、今年9月末時点までの
国有企業の負債総額は約77兆6828億元(約1476兆円)で、
8月末までの約71兆7528億元から、1カ月で5兆9300億元(約113兆円)増加した。
また今年1〜9月まで、国有企業に新たに増えた負債総額は
11兆元(約209兆円)に達した。
10月28日付国内メディア「華爾街見聞」が報じた。

一方国有企業の利益総額は33兆円で前年比8.2%減少し
中央直轄企業では10%の減少
地方政府の企業では2.7%減少

これまで、政府企業では借り入れを増加させていたがこれからも増加が見込まれて、とても中国経済が軌道に乗る事は無理な様です。

こうなると、死に体国有企業を生かしておくために、経済を見殺しにする事になり庶民は生活が益々苦しくなり共産党幹部だけが国有企業で甘い汁をすする事になるのでしょう。

2016年2月までの国の負債は、更に増加して1800兆円に増えている様で
中国政府でも、国営企業の粉飾決算などで実態は分からない様です。

確実に分かる事は、負債は増え続けている事と、在庫が天文学的に増加し経済は、共産党の独裁政権でもどうにもならない所に来ているようです。

政府は、また不動産バブルを起こして、何とかデフォルトを避けようと
必死ですが、今の中国人がそう易々と引っかかってくれるか未知数でしょう。

こんな経済対策きり出来ない政府では、無いほうが良いはずです。

人民は全て、共産党が地球上から消えてなくなる事を願っているのですから。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">