中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

合成麻薬の主要供給元

FrontPage

中国は合成麻薬の主要供給元

中国では、メチルアンフェタミンその他の合成麻薬の主要供給国となっている。

米国に密輸されるメキシコからのシャブは、入手の容易な中国から仕入れて米国に密輸出されている。

メキシコの駐中国メキシコ大使が2007年から2013年まで中国に対してメチルアンフェタミンを作る化学原料を輸出制限して欲しいと訴えていたが中国では、聞き入れられず未だにインターネットで簡単に入手出来ている。

この原料を使って、シャブが世界に拡散している様です。

日本でも、シャブは簡単に手に入るのは中国から原料が入っているからでしょう。

中国は、過去にイギリスからヘロインの輸出により、侵略された経験があり麻薬が国を侵略し滅ぼす薬であると、十分認識しているでしょう。

麻薬によって、相手の国を弱め、侵略し易い様にするためなら当然使用してくるはずです。

それにも拘らず、中国をまともな国と考える扱うのは、明らかに間違いです。

そうはいっても、貧すれば鈍するで世界は、中国をまともな国として扱っています。

こんな状態で、未来を語る事がそもそも間違いではないのでしょうか?

中国共産党は、この世から消えてなくなる事が世のため人の為です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">