中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

広東省で第2の倒産ラッシュ

FrontPage

広東省で第2の倒産ラッシュ

広東省東莞市では、世界の大企業の工場が続々と撤退している。

これに伴い、周辺の下請け中小企業が倒産し倒産ラッシュになっている。

中国の中小企業では、中国企業と取引すると支払いが悪く自己運転資金が
続かなくなる為に、出来るだけ外資企業と取引したがります。

所が、外資が国外に出てしまうと又支払いの悪い地場企業と取引せざるを得ない為に、運転資金の工面に翻弄されます。

黒字倒産するくらいなら、現在まで支払いの良い外資企業との取引で蓄えた
資金で郷里にのんびり暮らす人達も居るのではないか感じられます。

外資の支払いに慣れてしまうと、とても地場企業を相手に商売はしたく無くなるのも、無理のない話です。

中には、正直に工場を運営していて支払いに困り夜逃げする経営者もあったり
工場の機械備品を金に換えて、給料を払わずに夜逃げする経営者も多くいます。

中国の社会は、日本の社会とは本質的に異なり、夜逃げして隣町に移れば捕まる心配は殆どありません。

この事実が、人々を夜逃げに駆り出し多くの経営者が夜逃げに走る原因です。

日本の様に、保険証や戸籍で追跡される世界では、到底逃げ切るない世界とは異なり、中国では隣町で再起をする事が出来るいい加減な世界です。

この点でも中国人は信用出来る人々では無い事は明確です。

@import url(http://www.google.com/cse/api/branding.css);
カスタム検索
google_ad_client = "pub-7784532194466941"; /* 728x15, ì¬Ï‚Ý 09/12/13 */ google_ad_slot = "1580547008"; google_ad_width = 728; google_ad_height = 15; //-->

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">