中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

広州で暴動

FrontPage

広州で暴動

広州の増城市で暴動が有った。

妊娠した露天商が、治安(警察の下部)によって取締りの際に
乱暴な扱いを受けた為に、民衆が治安に抗議して車を
ひっくり返す暴動に発展。

この原因は、庶民に対する治安の扱いの酷さに起因している。

全ての中国民は、治安は犬畜生と感じているので常に
庶民の敵と見做されている。

その為、事何か起こると公安に対し民衆が暴動を起こす。
治安は、今まではそれ程襲撃される事は無かったのですが
今回は珍しく襲撃されました。

その為、公安の建物には、公安は襲撃する所では有りませんと
書かれた赤い横断幕が出される位です。

今回の暴動では1000人が参加し十何人かが拘束された。

広州で暴動

広東省増城で起こった出物参加者を密告すると、報奨と都市戸籍を
与えると言い出した。

一般に庶民は公安関係と接触を嫌い、警察に報告などは決して
しないのが、一般的です。

警察では、情報が無いために、この様な報奨を出して取り締まりを
実行しなければなりません。

ここで、都市戸籍がどうして魅力的なのか、説明が必要ですが

普通広東省に働きにくる他省の人々は農村戸籍が圧倒的で
農村戸籍では年金、保険に入れません。又配給を受ける事も出来ません。

その為に、不利な条件で働かなければならず、都市戸籍を
得ればその制約から逃れられます。

その為、都市戸籍は非常に魅力が有り、出来れば都市戸籍を取得することが
大事になります。

これをえさに、暴動を働いた人間を取り締まろうと考えた様です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">