中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

空気汚染は続く

FrontPage

空気汚染は続く

10月になり中国北方(山東省以北)では地域暖房のスティームが
配給を開始しました。

そして、ハルピン市では視界が昼間で10mと全くPM2.5の濃度が
高い為、見えなくなりました。

今年も、中国の空気汚染が始まり地球全体を汚染する訳ですが、
昼なお暗き状態は、今の中国政府と同じだとインターネットで
言われています。

今年になり、穏健な民主化運動の人間が相次いで逮捕されている
状態は、正に暗黒状態と言えます。

明るいニュースはないかなあ?

2014年になり、2か月が経ちましたが大気汚染は、去年より
確実に酷くなっています。

正月は多くの人々が、大気汚染の為爆竹を鳴らしませんでしたが
バレンタインデーには、多くの若者が爆竹を鳴らしたために
大気汚染が一段と悪化しています。

中国では、大気汚染が当たり前になりニュースでも
取り上げなくなってきました。

汚染対策は、まだ車の排気ガス規定まで辿り着いていません。

工場、発電所、地域暖房は去年から何の対策も取られていないので
今年は、悪化が避けられないでしょう。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">