中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

銀行業務

FrontPage

銀行業務

中国の銀行業務

中国では、外国に振り込む場合、振り込まれない場合も出て来る。

自分で振込先を間違えると、降る込先が不明ですと言って
振り込まれず、振り込み手数料だけ取られて終わります。

全て自己責任の世界だからでしょう。

日本の生活に慣れていると、辛い思いをすることになります。

中国では、銀行はサービス業ではありません。

それでも、最近は以前(2004年頃)に比べてかなり良くなって
きています。

中国銀行でさえ、サービスの向上は目を見張る様な状態に
達してきました。

中国の銀行業務が世界標準に近づくのも以外と近いのでしょう。

むしろ、日本語だけが通用する日本の銀行業務のほうが
ローカル化してしまうかもしれません。

中国の銀行業務

中国の銀行では、手数料の発信者払いは出来ない。

取引の支払いに、代金19800円を相手の銀行に振り込む
場合、相手の銀行の手数料は受取人払いのみが可能で、
振り込み人払いは、やっていない。

これでは、代金未納になり、取引停止になってしまう。

これが、中国銀行の実態です。

銀行曰く、相手の銀行の手数料が分からないのでそうしている
そうです。

これでは、銀行は仕事には使えない。

又、日本の銀行も、銀行に依って手数料のばらつきが大きく
おまけに、日本円を送金しても、為替手数料を取る銀行
東京三菱UFJ(7000円)三井住友(4000円)
取らない銀行みずほ
とばらばらで、海外取引の多い所はこの差は、大きく
業績に影響します。

御互いに気を付けましょう、銀行に!!

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">