中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

金融界にも反腐敗のメス

FrontPage

金融界にも反腐敗のメス

中国証券最大手である中信証券の程博明・総経理や複数の幹部、そして中国証券監督管理委員会の張育軍・主席補佐が、16日までに相次いで取り調べを受けていた

中信証券の副理事長には、元国家主席・江沢民派で政治局常務委員の劉雲山氏の息子がいる。

この点は、江沢民派潰しとも見える。

中信証券と言えば、どこぞの日本の会社がたいまいな投資をした中信グループの1つの会社ではないのでしょうか?

だとすると、この会社は先が無いようです。

当然、投資した日本の会社も大損害で倒産の憂き目にあうでしょう。

中国に進出した日系企業で、中国の会社が原因で倒産した企業は増え続けていますがこれからは更に増加するでしょう。

中国経済は、実体経済が悪過ぎて良くなる要素は、殆ど無くなりました。

工場で作った製品も、在庫に積まれて金にならなくなり、工場も封鎖される所が増加しているのが現状です。

こうなると、食べて行くのがやっとの所が増え経済に必要な現金が、十分に回らなくなり、何もしないのが一番の様子で何時、誰が夜逃げしてもおかしく無くなってきています。

日本の会社も用心して、支払いを先に延ばしたり使える部品だけに支払う様に検品を厳しくするよう他有りません。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">