中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

漢方薬

FrontPage

漢方薬

中国の漢方薬

中国の漢方薬は西洋薬より遥かに安い。

特に風邪薬では、西洋薬より良く効くにも拘らず値段は
5分の1程です(病院で貰った場合)。

問題は、煎じて飲まなければならない為手間が掛かり
面倒なだけでしょう。

それと、外出先で薬を飲む事が難しいのも現代では、問題
になるのかも知れません。

日本で、どうして漢方薬が高いのか理由が分かりませんが
おそらく、中間業者がかなり上乗せして日本市場に
出しているのかも知れません。

漢方薬を大量に持ち込めば薬事法に接触する等、で一部の
業者が独占しているのかも知れませんね。

中国の広州には、漢方薬の市場が有り此処に行けば
もっと安く入手できる筈ですが、量が多い為未だに
行った事がありません。

中国の製品包装

中国の包装の歴史を一つの製品で紹介してみたいと思います。

中国の健康茶に 夏桑菊 と言う喉と風邪の予防になる
御茶が有ります。

このお茶は顆粒状になっていますが、15年前には
何処のメーカーの夏桑菊もプラスティックの袋に詰められ
12袋をまとめた大袋のビニール袋に入って売られていました。

8−9年前より、メーカーに依ってはアルミ袋に変わった
来ましたが、現在(2009、12、7)では全く
ビニール袋に入った製品は見る事が出来ません。

顆粒状の粉末なので湿気が加わると製品にならなくなり
昔は厚めのビニール袋でしたが、見てくれはあまり
綺麗では無く、不衛生の感が有りましたが、現在の
アルミ包装はとても見た目は衛生的で、これだけ中国が
変化した事になるのでしょう。

豊かになるのは、良い事ですね。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">