中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

海外の中国人1

FrontPage

海外の中国人1

中国人は現在でも海外に進出している。

ヨーロッパ
旧ソ連
南米
アメリカ
等、世界に中華街を形成している。

所謂、華僑は昔も今も増え続けているが、ニュースの
伝わりが早くなり、中国国内の問題でも、瞬く間に
世界に広がり、その反応が出る様だ。

アルゼンチンでは、中国人の多くがスーパーを開店して
いるが、2009年上半期で2000店が強盗の被害に
会っているとの事で、現地では問題になっている。

日本人ならとうに逃げ出しているでしょうが、中国人は
逞しいですから、この様な状態でも我慢して困難を
切り開いていくのですね。

これは、インドネシアでは、生命の危険に晒されながら
何とか踏ん張っているのと、同じ条件なのでしょうか。

但し、彼等は当然財産は外貨に換えて何時でも、本当に
必要な時には移動できる体制を堅持している事は当然です。

どうも海外では中国人は好かれてはいないようだ。

海外の中国人2

東南アジアでは、中国人はどこでもあまり好かれていない。

原因は、経済を掌握し経済的に裕福だからと言う、妬みから
出ているので、何かが有るとやり玉にあがる。

インドネシアでは、暴動が起ると中国系が襲撃されたりして
店の商品が略奪されたり、壊されたりする。

普段モスク等の建て替え時には、日本の大会社よりも
多くの寄付をしていても襲撃される。

もう1つの原因は、宗教的な問題で、イスラム教では
豚を食べてはいけないし、犬を飼ってはいけないが
中国系はやっている。

もう1つは、家の周りの汚さに抵抗感が無く
町を汚す事に何の感情も無い事だろう。

このの3つの点が変われば襲撃される事は無いかも知れません。

暴動 襲撃
華僑 華人

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">