中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

海外で転職する方法

FrontPage

海外で転職する法

海外で転職する法1

海外で転職するのは、日本国内でするより大変です。

先ず 第一に、自分の住宅が無い為(殆どが社宅住まい)
住居探しか始めなくてはなりません。

それも、見ず知らずで友人がいない中で おまけに
言葉が不自由では、かなり困難になります。

海外では、会社の封鎖、縮少、移転はよくあるので
それに備える為には会社のひもつき住宅とは別に、
在職中に会社の現地人を介して住居を確保しておく事を、
勧めます。

海外で転職する法2

ベースキャンプに必要な資金は、
1000元位(15000円)が家賃で

敷金1000元の合計2000元とその月の日数分が加算された合計です。

以後毎月1000元プラス電気、水道、共益費で
1200−300位になりますが

これは、保険だと思って確保して置くと、後で大変助かります。

住居を借りた後は、地元の公安に100元の印紙を貼って

書類を提出して、居住証が発行されます。

これで、借家を得る事が出来ます。

海外で転職3

次に、募集情報をどうやって集めるか という問題でしょう。

勤務中に探すのが最良の方法ですが、海外で働きながら、
探す事は事実上不可能に近いです。

ウィークデイに休みを取ると、会社も警戒します。

休みを取るのは、面接の時のみにしたほうが得策です。

ここで、最も効果的な情報収集はインターネットを使用する事です。

現在、世界中で就職斡旋する会社がインターネット上で
ひしめいています。

これを、使わない手はないでしょう。

インターネットで、面接まで決め 面接します。

これが、効率的に仕事を探すこつです。

海外で転職4

インターネットで情報を集める時に、注意しなければならない事は、

情報の質を文脈から、読み取らなければならない事です。

募集広告では、客観的に見て条件が悪くなる事は隠そうとするのは、

人間の本質です。

但し、嘘は書けないので欠点は極小にし、読者がきずかないで読み進む

ように、書いてあります。

この手の広告に釣られない為には、自分で前もって、待遇面の条件を

リストアップしておき、明確にしてからでないと、後悔する事になります。

日本では、給料の額を聞くに面接でごはっとでしたが、海外では

妥協したら、相手に良い印象を与えるのではなく、
甘い人間とばかにされるだけです。

本来募集は、個々の契約になりますので、
会社の組織上高い給料を出せないと言う理由は、
うそ ですし、会社が必要と思えば(採算に合えば)要求額を

だすはずです。

最も、相場の額は大変、参考になり懸離れた要求額にならないよう、
注意する事は、チャンスをより多くする要素でしょう。

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">