中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

菓子パン

FrontPage

菓子パン

中国のパン屋でも最近はカレーパンが出て来ました。

時々は、コロッケパンも見掛けららますが、たまごサンド
だけは、日本の物と違い、マヨネーズ等で練っていない為
ゆで卵をスライスしてパンに挟んだだけのものが
今でも売られています。

最近は、菓子パンも値上がりして、店に依っては
1個8元と、手打ちラーメンより高いパンが出回り
出したので、面包(パン)は増々庶民から離れた
存在になって行く様です。

もともと、中国でパンは甘いパンが主流でおやつ感覚の
菓子と捕えられていたようです。

最近でこそ、朝食にパンを食べる人も増えて来ましたが
まだまだ、豊かな層の食べ物かも知れません。

中国の北方では、米食ではなく粉食でパンが主食として
食べられてきましたが、イースト菌を加えていない
パンか、肉まんの具のないまんじゅうの様なパンが
主流で、日本で食べているパンは一般化していない
ので、甘いパンが主流になっている様です。

中華料理の殆どは、甘いか、辛いのどちらかがはっきり
していて、味が強過ぎて日本人が毎日食べるのには
不向きの様です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">