中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

家屋税の導入

FrontPage

家屋税の導入

中国には、今まで家屋税と言うのは有りませんでした。

最近になり、国家は不動産の家屋税に関してどうも
導入する準備を始た様です。

これで、不動産バブルの加熱を押さえ、税収を増やすという
一挙両得を狙っています。

中国では、土地は国家の物で、国家から借りて家を建て
70年の借用権が有るだけで、借用権は売買出来ますが
子孫に遺す事は出来ず、期限が来れば新しく国と契約に
なる為、遺産として残せるのは現金だけになります。

家屋税が創設されると、外国人の持ち家も家屋税を
徴収されるようになり、面倒な手続きをしなければならず
憂鬱になります。

当然
今現在の投資目的の不動産取得は、税金と売買の両方を
捕捉されて、税金の対象にされる可能性があり、この点でも
不動産投資にブレーキがかかるでしょう。

同時に、地方政府の不動産投資も禁止されましたので
需要と供給の両面で規制が厳しくなるようです。

2009年に不動産バブルを更に膨らませる結果になった
ので、バブルがはじける時には以前にも増して各方面に
多大な影響を及ぼすようになり、今不動産を取得するのは
ババをつかむことになるのでしょう。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">