中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

英諜報機関MI6が中国のハニートラップにギブアップ

FrontPage

英諜報機関MI6が中国のハニートラップにギブアップ

英諜報機関MI6の長官がキャメロン首相に、中国のハニートラップはISよりも
国家安全保障に対する威嚇であると、報告していた。

デイリースター日曜版が報じたのは、何百と言う美しい女性を配備し中年男性を色仕掛けで情報を引き出している。

そのターゲットは情報部の人員だけでなく、政府関係者や企業のビジネスマン等も含まれている。

中国のハニートラップは、始めから目標とされる人物を狙う場合と
偶然知り合った情報員ではない普通の女性が外国人と知り合い、
その外国人が後に、中国の国益に関係する職場に付くと、
女性の家族達をだしに脅してスパイさせる2通りがあるようです。

後者の場合は、全く外国人が関係のない部署で働いている場合は問題にならない所に、日本の忍者で草と呼ばれる者たちと同じ様な感じですね。

それにしても、中国に生まれると言う事は常に共産党から自由になる事は難しいようです。

この様な国家が地球上に存在している事に、驚きますが中国ではそれが当たり前の世界です。

そんな世界に、取り込まれる愚か者は多くないとは思いたいですが
日本の政治家、学者、文化人と称する人々が取り込まれるのには
あきれると同時に日本の知識人の頭脳を疑いたくなります。

中国人が嫌うシナに、わざわざ奴隷になる事を選択する人間性をも問題です。

シナが崩壊し、人民は自由になり自分の人生を生きてもらいたいものです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">