中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

一人っ子政策ついに廃止

FrontPage

一人っ子政策ついに廃止

中国で、一人っ子政策がついに廃止される。

第18期中央委員会第5回総会(5中総会)で、「すべての夫婦が2人まで出産できる」と一人っ子政策を廃止することが決まった。

時すでに遅しで、子供の養育に金がかかり過ぎて2人目を出産届けしたのは14%に過ぎない。

この変更により、全国の産児制限委員会は失職するのでしょうか?

それにしても、中国は変革の途に就いたのであれば少しは国の命を長らえる事が可能なのでしょうか?

産児制限委員会は3人以上の監視で生き残るようですので公務員50万人は引き続き産児制限の続きをやるようです。

経済がマイナス成長になり、多くの人が国中を流浪する未来で人々は逞しく生きて行く事が望まれる昨今です。

それに伴い、子供の教育問題が深刻で出稼ぎ夫婦の子供は、父母の住む町では公立学校に入る事は出来ません。

その為に、故郷の村に子供を残して教育を受けさせる事になります。

この数6千万ともいわれ、6千万人の児童が親から離れて、祖父母、親戚に育てられ両親と会えるのは、年1回の春節だけです。

子供に苦労はさせたくないのは親心、それなら子を出産しないのも理解できる出来事です。

その一方で農家は、人手が必要で男子の出生を望んでいます。

この問題は、独裁中国でも簡単には解決できない様です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">