中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

医院に警察設置

FrontPage

医院に警察設置

山東省で二選級医院以上は警務部を設ける事を決定

山東省は、中国で度重なる医師に対する患者の暴行が多発するのを
食い止める為に、病院に警務部を置く事を義務けた。

中国では医者は、ボディーガードに守られて診療する様です。

これでは、治る病気も治らなくなるのではないでしょうか?

患者と医者は信頼関係が有って始めて治療が出来、効果が出るのですが
それが無くなったら、治療ではないとはっきり断定できます。

誰も信用出来ず、誰も信用しない社会では医療は必要無く
祈祷師でも頼んだほうが良いのかもしれません。

その祈祷師さえ共産党は禁止している為に庶民には何にも無いのです。

共産党は人民には禁止していても、幹部達は風水などに占ってもらう事は
結構あるようです。

この様に矛盾だらけの中国ですが人民でない外国人の目から見ると、
共産党王朝と奴隷に見えて来てしまいます。

王朝の人間は何をやっても許され、愛国心など微塵も無いのに、小学生にも
愛国心を持とうと言うスローガンを掲げたりしています。

こんな状態はどう見ても「王様と奴隷」に見えてきます。

この様な状態もそう長くは続かないのではないでしょうか。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">