中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

意識不明の女高生を用水路に遺棄

FrontPage

意識不明の女子高生を用水路に遺棄

安徽省亳州市で暴漢に襲われて怪我をした女子高生をホームレスと
判断した警察官が用水路に遺棄していた。

女子高生は用水路に血だらけで横たわっていたのを近所の人が
警察に通報して警官が来たが死んでいるものと判断しその場から
他に移動させて村の外に捨てさせた。

中国では警察は、村の警察、町の警察とそれぞれ分かれていて
あとあと面倒になる死体などは、よその地域へ移動させれば
自分の管轄でなくなり責任を問われることはない。

この為、死んでいるかも調べずましてや暴漢に襲われた事など
調べようとしないのが中国の警察の特徴です。

尤も調べて、政府の高官の身内の犯行などに当たると自分の
職も危うくなるので事件は担当しないのが最良でしょう。

こんな現実があるので、中国では治安は悪くなる一方です。

当然、事件の検挙率の低くなり、人々は警察に事件を通報しても
解決されないので、通報しなくなり警察官は信用されなくなり
犬扱いされるようになります。

その為に、国家反逆の容疑者を捜索するような場合は
警察が通報者には、都市戸籍を贈呈する等の報償を付けなければ
通報は全くなくなる訳です。

その結果どんな事件でも解決困難となり、治安が悪化するのを
止められない訳です。

こんな所にも中国の矛盾が現存して改革は行われていません。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">