中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

マスメディア立ち上がる

FrontPage

マスメディア立ち上がる

中国では、全てのマスメディアは政府の検閲を受ける。

広東省の新聞「南方週末」を出す新聞社の新年号で憲法に基ずく
政治の重要性を訴える記事を用意していたが、政府の検閲機関の
宣伝部長が、現状の支持する記事に勝手に書き換えていた。

この事件で、宣伝部長は辞任せよとの声が記者達から起こり
インターネットでミニブログに掲載された。

この記事の反響は瞬く間に全国に広がり問題が大きくなっている。

6−7年前になるが、四川省の漢源という町で10万人の暴動が
起こり軍隊が出て、デモを鎮圧した事件では、広州の新聞社の
記者は知っていましたが、報道規制が敷かれて、報道は出来ない
との事でした。

度重なる報道規制、時には正論でも政府に都合が悪いと報道規制が
敷かれて、記事はぼつになるのが中国です。

その後、各マスメディア編集委員は、宣伝部長の人事権下にあり
左遷される訳です。

その為、中国のマスメディアは政府に批判的、或いは事実の報道は
自分の首を飛ばす事になります。

今回の元の記事、憲法に基ずく政治、は当たり前の事ですが
中国では、当たり前の事が行われていないので、当たり前の事は
政府への批判と取る訳なのでしょう。

中国は何処まで行っても王と奴隷の社会ですね。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">