中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

ネズミ駆除大作戦

FrontPage

ネズミ駆除大作戦

中国の内陸地方では、近年家畜の放牧をやめて草原を取り戻す
為の自然再生プロジェクトが始まっている。

草原が砂漠化するのを防ぐ目的と、土地の侵食を防ぐ2つの目的にも
かない大事なプロジェクトですが、問題が起こっています。

目的の生態系は好転しているのですがネズミの発生が別の被害を
引き起こしています。

一部では無視できないくらい多くの被害が出て、
省武装警察森林総隊張掖市分隊は今回、粛南ユグル族自治県で現在被害が
頻発する祁連山麓の約11万ヘクタールでは、4、5トンの殺鼠剤と
駆除用餌60トンを使用して1000人が駆除作業をしているそうです。

中国では、自然を取り戻すのも並大抵のことではないようです。

野ネズミの駆除は、人海戦術でないと効果があがらないのでしょうし
元の様に、放牧していては草原が元に戻る事は不可能でしょうし
中国には日本では想像も出来ない問題も有るようです。

中国の害虫と言えば、ネズミ、ごきぶり、はえ、蚊ですが
これらの頂点はねずみで、日本の様に少し大型のごきぶりは
殆ど見掛けません。

ねずみに捕捉されてしまうのでしょうか。

ごきぶりは殆ど小さなごきぶりです。

はえは何処にでもいて、飛び回っていますが寒さに弱く
冬には全くいなくなるのでそれ程煩わしさは感じません。

問題は蚊で、冬でも刺される事があるので蚊帳は1年中使用するほうが
安心して眠れます。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">