中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

トイレットペーパー

FrontPage

トイレットペーパー

(2010、9、18)ニュースで中国のトイレットペーパー
の検査が有り、10%が細菌の付着で不合格になりました。

トイレットペーパーは、排紙を溶かして紙にすき直して
作りますが、この時、有害物質を除去し、殺菌するのですが
殺菌が不十分だった様で、細菌がトイレットペーパーから
検出されたそうです。

庶民の行くレストランでは、食後に口を拭くのに、
トイレットペーパーが使われているので問題です。

その他、手打ちラーメンの店も同じ様な形態で、こちらも
問題になる様ですが、あまり意に介していないのが
現状です。

中国では、テーブルに落とした物でも捨てるのが常識で
それだけ、テーブルの上は汚いということで、それから
感じれば、トイレットペーパーに細菌が付いていても
大問題とは言えません。

日本の様に、何事にも抗菌グッズであったり細菌の
少ない環境からは想像出来ないでしょうが、それでも
元気に皆生活している訳で、日本は神経質になりすぎて
いる様に感じます。

見た目の綺麗さと、衛生的とは比例するとは思えませんが
人々は比例していると考えがちです。

但し
中国の街の様に、道路がしみだらけで汚いのは、町の
美観の点で劣る事は確かです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">