中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

チベット高原の氷河減少

FrontPage

チベット高原の氷河減少

ヒマラヤの氷河が縮小している。
研究によると、ヒマラヤ山脈をふくむチベット高原の気温は温暖化により上昇し、
氷河は20年以内にすべて溶けてなくなると予測されている。

ヒマラヤの氷河の雪解け水は、アジアの大河を潤してきたが気温上昇により
ヒマラヤの氷河は既に18%も消失しているという報告もある。

この氷河が無くなると20億人が水に困る事になる。

既に、各国の大河川では水量の減少が現れている。

チベットを横断し後にガンジス川に合流するツアンポー川、東南アジアを流れるメコン川、サルウィン川、インダス川など、国でいえば
インド、パキスタン、バングラディッシュ、ミャンマー、タイ、ベトナム、カンボジアでこれらの国では、水争いが起こる危険もある。

地球温暖化でも、中国は中心で問題発生源となるようだ。

現在中国は、この水飢饉の対策として自国の川に優先的に流すためのダムを作っていて、このダムで得られる電力も自国に送る為の対策を着々と行っている。

ミャンマーで作られたダムは、発生電力は中国内に送られ、カンボジアのダムでは川の水量が減少して、川の生態系が壊れ始めている。

この水は中国に向かっているのでしょう。

正に中国は、アジアの癌になりつつあります。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">