中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

スパイで捕まる日本人

FrontPage

スパイで捕まる日本人

最近、中国内でスパイ容疑で捕まる日本人が多くなっている。

中には、北朝鮮の脱北者を援助する団体に所属して、北朝鮮と中国の間を頻繁に出入りする帰化人もいる。

但しこれらは、別にして日本人はどこでも写真を撮る習慣がある為に軍事施設周辺でも平気で写真を撮る事が多いようだ。

中国は、機密が漏れるから捕らえるのではなく、お粗末な設備や兵器が外国に知られることを極端に恐れている。

その為に、スパイでなくとも共産党に都合の悪い事や、汚染された所を撮影しただけでスパイにされかねない。

それから、兵士の態度が規律が無い事を知られるのを恐れている。

その為、中国で無暗には写真を撮らない事が、スパイ容疑をかけられない最良の方法です。

間違っても、首からカメラを提げる事は、街中でも危険です。
街中にも軍事施設や秘密事項が存在するかもしれません。

そうなれば、スパイ容疑で捕まり、刑務所にぶち込まれます。

中国は、逮捕されたり身柄を拘束されると、人権などは全くありませんから
何か月でも拘留され、強制的に自白させられて刑務所行きです。

そうなると、日本の大使館は全く頼りになりませんから世間から隔離されて中国のスパイにされるか、野垂れ死にです。

約20年前に、働いていた工場が脱税でスタッフの数人が税関に拘置されましたが其の内の責任者が、拘置2週間後に刑務所に入っているのが分かり刑務所に面会に行った事が有ります。

商法でも、一般の刑務所に入れられるのも中国では注意しなければなりません。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">