中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

カナダの議員達が脅迫メールを受ける

FrontPage

カナダの議員達が脅迫メールを受ける

2015年5月中旬ごろよりカナダの議員達や政府高官に脅迫メールが届いている。

調べによると、メールの発信は中国本土からで内容は、法輪功の記念日にイベントに参加しないのは救われる最後の手段を失う事だと言う様な内容。

カナダでは、ミスカナダが中国系の法輪功を実践する女性に決まりミスユニバースの大会が今年は中国で有る為、ミスカナダの参加を中共が妨害する目的も有るのかもしれません。

それでなくとも、今年に入り国内では実名で江沢民を法輪功弾圧で告訴する人々が全国各地で出ています。

これ等の告訴は、今年法改正により全ての訴状は、検討される事に決まった為で江沢民のとどめは、法輪功弾圧、臓器狩りにでもするのでしょうか?

去年(2014)までは、告訴しても共産党幹部(地方幹部でさえ)は受け付けてくれるのは、極わずかで殆どは告訴を受け付けてもらえず、逆に告訴が有った事を本人に知らせて、告訴人が警察の嫌がらせや、拘留にあって告訴出来ない状態でした。

その為に、中央に直訴する人達が増え北京では多くの人が直訴のチャンスを狙って何年も滞在していました。

それが直訴が叶わなくなって、自殺やテロに走り始めたのが2000年代になってからです。

時には、住む家も生活の糧の農地さえ奪われて貧困に落ちる人が急増し、直訴者が増加するのと、不動産バブルが膨れるのと同時進行で進みました。

法輪功実践者達は、問答無用で捕らえられ、強制収容所へ入れられ拷問と臓器狩りで多くの人々が死に至ったのは、多くの証言で明らかです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">