中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

ウォールマートの偽装表示

FrontPage

ウォールマートが偽装表示

ウォールマートで販売された、牛肉、ロバ肉が狐の肉だった。

山東省済南市で購入した客が、色とにおいに不審を抱き検査機関に
分析を依頼した結果狐の肉と判明した。

この結果、ウォールマートは販売をただちに中止し、仕入先と
取引停止処分にしたようです。

ウォールマートでも伊勢丹でも、中国ででは内部で働く者は
すべて中国人ですので、当然テナントをそうなり、どんなスーパーでも
品質に問題が出てきます。

中国で今(2)でも他のウォールマートで鼠が肉売り場の肉をかじっている
写真を掲載しましたが、これなども中国人店員は全く意識して
いないようです。

中国ではすべてが自己責任の世界で、他人は全て信用できない社会では
他人の食べる物もどうでもかまわないという意識があるのでしょうか?

とにかく、中国では信用する物が無い状態で生活しなければならないので
精神的にも負担になる事があります。

特に食物は、取らないわけにはゆかないので余計に負担に感じる事があります。

生まれ育った中国人ですら、負担に感じている昨今です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">