中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

イスラム慈善団体を拘束

FrontPage

イスラム慈善団体を拘束

中国に招かれて派遣された英国人を含むイスラム教慈善団体20人が10日、中国内モンゴル自治区で拘束された

14日には、12人が解放されたが残り8人はホテルの室内でプロパガンダ映像を鑑賞したとして未だに拘束されている。

これでは、阿部首相が訪中してもホテルの室内で反社会的プロパガンダ映像を見たとの理由で中国に公式訪問の際に拘束される恐れさえ有り得る。

こんな出鱈目国家が地上に存在する事が大問題ではなないでしょうか?

こんな出鱈目国家と友好とは、やくざと同じ人間になれと言っているのと同じです。

日本の自称識者達は、自分の頭で考えているのでしょうか?

キリスト教は、間違いなく国家転覆をも図る宗教分派が有りますが、イスラム教にも、国家転覆を図る宗派が有りますがこの慈善団体はそうではない様です。

そこまで調べて、招いたのホテル内でイスラム教の映像をプロパガンダと決めつけて逮捕するのは、どう見てもまともな国家出ないのは明らかです。

そんな国に投資などして商売になるのでしょうか?

いきなりスパイだと逮捕されて、資産没収では中国とは係わりたくないとなるのが当然です。

バブルが弾けて、早く中国から逃げなければ山賊か海賊に逢う様に、身包み剥がれて
しまいます。

すでにその前例は、検挙にいとまがないほど出ています。
あなたはどうしますか?

身包み剥がされますか。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">